飲酒ゲーム

は縁起がよい出金取り消し 飲酒ゲーム

は縁起がよい出金取り消し 316300

運転免許証には、有効年の帯部分の色が、グリーン・ブルー・ゴールドの3色が存在します。初めて免許を取った時(新規取得者)や、初回更新時のように、継続して免許を受けている期間が5年未満で違反や事故の有無が違反運転者講習の区分に該当しない場合(初回更新者)はグリーンとなります。 違反を複数回していたり、怪我のある事故を起こしてしまった場合(違反運転者)は、帯の色はブルーで有効期間は3年となります。継続して免許を5年以上保有し、かつ3点以下の軽微な違反が1回のみの場合(一般運転者)にも、帯の色はブルーとなりますが、有効期間は5年です。 ゴールド免許(優良運転者)の条件は、継続して免許を5年以上保有し、違反や怪我のある事故を起こしていないことですので、もし過去5年間に違反や怪我のある事故を起こした場合、一般運転者もしくは違反運転者となり、免許の色はブルーになります。 ただし、軽微な違反をしたからと言って、すぐに免許証の色がゴールドからブルーに変わるわけではありません。有効期間は5年間あるので、仮にゴールド免許になってすぐに軽微な違反をしたとしても、残りの5年弱はゴールド免許を保有し続けることができます。 自動車の任意保険に関しても、ゴールド免許には割引が適用されることがあります。割引率は保険会社によって異なりますが、契約者ではなく、記名被保険者(クルマを主に運転する方)の免許証がゴールド免許かどうかがポイントとなります。免許の色が変わることついても、多少緩やかな条件が定められているのが自動車保険の特徴で、保険会社によって条件は異なりますが、運転免許証の更新手続きが可能な期間中に、任意保険の契約期間が始まる場合や、更新前または更新後の運転免許証のどちらかがゴールドであれば、ゴールド免許割引の対象となることが多くなります。 その一方で、任意保険の期間の途中でブルーからゴールドに変わることも考えられます。ゴールドになった本人からすれば、割引を適用してもらいたい気持ちになりますが、契約の始期日時点でゴールド免許でない場合、ゴールド免許割引は適用されません。もちろん、1年間の契約期間が過ぎて、次の契約更新時にはゴールド免許割引が適用されることになりますので、そこまでは待つ必要があります。

1·2·3·4·5·6·7