ギャンブル勝利金に税金ナシの16国 飲酒ゲーム

ライセンスコスモポールカジノ 882840

スウェーデンと言えば、環境先進国としても知られており、自然に優しいイメージがある国。なので、煌びやかなネオンなどの、エンターテイメントはあまり想像しにくいが、そこは社交場として利用されることの多いヨーロッパだけに、国民の娯楽施設として、ギャンブルもしっかりと整備されています。 街では、競馬や宝くじが楽しめたり、国内には4カ所の国営カジノ「カジノ・コスモポール(Casino Cosmopol)」があり、国民と観光客の娯楽として楽しまれています。

プライマリサイドバー

カジノ・コスモポールは、 スウェーデンにある国民の希望によって設立されたカジノ です。今回は4か所のコスモポールの生まれた経緯、特徴や雰囲気、遊べるゲーム等について説明していきます。 コスモポール はストックホルム、ヨーテボリ、スンドスバル、マルメの4か所に設立されています。ストックホルム店は首都であることもあって、観光客も多く、年も前に建てられた映画館を改装して利用しているので、アールデコ調の歴史を感じられる造りになっています。 国営カジノは基本的に入場料を取っているのですが、コスモポールは入場料として30クローナ およそ円 を支払います。更に国営のカジノの場合、賭博場というだけで悪いイメージが付きかねないので社交場であることを意識してもらうため、ドレスコードもきちんとしています。そこまで堅苦しいものではなく、スマートカジュアルと思っておけば大丈夫です。女性の場合はワンピースかスカートにブラウスを、男性の場合はジャケットが必須ですがネクタイはなくても問題はありません。カジュアル過ぎると場にそぐわないので注意しましょう。 ゲームの内容もポピュラーな二つだけ軽く説明致します。ブラックジャックは自分のカードと親 ディーラー のカードで勝負をします。カードの合計が21に近い方が勝ちで、22を超えた時点で負けになってしまうのです。もう一つはルーレットを説明します。ルーレットはディーラーが投げたボールがどの数字に入るのかを当てるゲームです。ボールが止まった場所によって勝敗と配当が決まるルールになります。

スウェーデン インフォメーションのマーク ウィンドーショッピング エンタメ総合 カフェ

米国でギャンブルをして勝利した人は、税務書類に勝敗を記録し、勝利金の30%に課税されることは以前「 ラスベガスで得た勝利金に税金は? 」という記事で詳しくお伝えしましたね。 世界中のギャンブル税に関する法律は、すべて白黒はっきりしている訳ではありません。ギャンブルが職業となっている場合( プロギャンブラー )、またはギャンブルでの勝利金が主な収入源である場合は課税されることが多いようです。 オーストラリアでのギャンブルは遥か昔、最初の競馬公式会合がシドニーのハイドパークで行われた年に始まりました。そして年、最初の公式宝くじが発売。初の合法ポーカーマシンは年に導入され、今日、 ギャンブルはオーストラリアで人気の娯楽の1つ となっています。

みんなが見ている人気記事

ベラジョンカジノ や カジ旅 などのオンラインカジノが、最近日本でも注目を浴びています。 しかし、勝ちやすいとされているオンラインカジノで大負けした時や、 必勝法が連続で通用しなかった時など、イカサマを疑ってしまいますよね。 そこで今回は、 オンラインカジノ側がイカサマで儲けているのかどうか を徹底調査してみました。 カジノのみならず、ギャンブルには『ハウス(胴元)エッジ(利益)』というものが存在しています。 ハウスエッジとは簡単に言うと 手数料 のことです。

271·272·273·274·275

ディスカッション