YAHOO!ニュース 期待

オンラインを始め横浜市がカジノ 341399

神奈川県知事 黒岩氏: R推進法案が成立しておらず、本格的に誘致を進められないが、それを待たずに、年のラグビーワールドカップ、年の五輪に向けて、神奈川県、横浜市の魅力を高める必要がある。

●この記事をシェアする

新型コロナウイルスによる影響と不安が、市内全体に広がっています。高齢者を中心とした感染不安の拡大、小・中・高校の休校による子どもたちの学びやくらしへの悪影響、お母さん・お父さんへのしわ寄せも重く、中小企業をはじめとした経済的な打撃も深刻です。いま横浜市が、行政として取り組まなくてはいけない緊急の課題は山積みのはずです。  しかし、多くの市民サービスが停止される中で、横浜市はなぜか「カジノIRの誘致活動」のみは全力で推進しています。都筑区でも、区民に対する説明会は開かれないまま、3月6日には、カジノを含む「横浜IRの方向性(素案)」が示され、パブリックコメントの募集まで開始されてしまいました。  先週、保育や子育て支援現場の皆さんを含む、都筑区の二つの市民グループから、横浜市長に対して「カジノ誘致の一時停止」「コロナウイルスへの全力対応」を求める緊急要請がなされたと聞いています。われわれ3人も、都筑区選出議員として同じ思いを持っています。横浜市長は、こうした都筑区民の声を真摯に受け止め、市民の生活の安全・安心を守る市政へと転換するよう、ここに要請いたします。 C Copyright TOWNNEWS-SHA CO。 All Rights Reserved。 神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙 会社案内 IR情報 広告掲載 採用情報。 ホーム 横浜 青葉区 緑区 港北区 都筑区 旭区 瀬谷区 泉区 戸塚区 港南区・栄区 中区・西区 南区 金沢区・磯子区 保土ケ谷区 鶴見区 神奈川区。

反対する理由は「ギャンブル依存症」だけではない!

現在 JavaScriptが無効 になっています。Yahoo! ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。 JavaScriptの設定を変更する方法は こちら 。 まず、重要な前提知識である「受任者」などの署名の仕組みについて説明する。受任者とは「署名収集を請求代表者から委任された者」を指し、この受任者を通して署名を集める仕組みになっている。署名にあたっては以下のような制約がある。 <署名にあたっての制約> ・署名の収集期間は2ヶ月以内(都道府県や政令指定都市は2ヶ月以内、その他の市町村は1ヶ月以内と地方自治法施行令 第92条 第1項に規定) ・受任者は自身が居住する区の住民からしか署名を収集できない ・受任者は署名人に実際に会って署名を集めなくてはならない(「回覧板など対面以外で署名を集めている」という指摘等により、平成22年 名古屋市議会リコールでは約46万5千筆のうち、約11万筆もの署名が無効と判断された事例あり) ・署名、押印、署名年月日、住所、生年月日のいずれか1つでも記載が欠けると無効(昭和28年6月22日 福島地裁判決より) ・署名に1文字でも誤字があれば無効になる場合がある(平成22年 名古屋市議会リコールでは、家族で続けて記入した際の住所欄に「同じ」を意味する「〃」と記入した署名が無効と判断された事例あり)  例えば、必要な署名数49万人(横浜市でリコールに必要な署名数)に対して、受任者が1万人の状態で署名収集を開始した場合、受任者1人あたり49人の署名を集めなければならない。しかも、「2ヶ月以内」、「同じ区の居住者のみ」、「対面」、「誤字脱字は1字でもNG」等の厳しい制約が加わる。  想像してみてほしい。  あなたには、実際に会って個人情報も書く署名に同意してくれる近隣の知り合いが49人も思い浮かぶだろうか? おそらく難しいと感じる方が大半だろう。つまり、必要な署名数を集めるには十分な数の受任者を18区それぞれに確保できたタイミングで署名収集を開始することが重要になる。ちなみに昨年12月26日時点の東京新聞報道によると受任者数は、住民投票条例の制定は1万人以上、市長の解職請求(リコール)は1万人超とされている。 あまり知られていない署名の制約  まず、重要な前提知識である「受任者」などの署名の仕組みについて説明する。受任者とは「署名収集を請求代表者から委任された者」を指し、この受任者を通して署名を集める仕組みになっている。署名にあたっては以下のような制約がある。 <署名にあたっての制約> ・署名の収集期間は2ヶ月以内(都道府県や政令指定都市は2ヶ月以内、その他の市町村は1ヶ月以内と地方自治法施行令 第92条 第1項に規定) ・受任者は自身が居住する区の住民からしか署名を収集できない ・受任者は署名人に実際に会って署名を集めなくてはならない(「回覧板など対面以外で署名を集めている」という指摘等により、平成22年 名古屋市議会リコールでは約46万5千筆のうち、約11万筆もの署名が無効と判断された事例あり) ・署名、押印、署名年月日、住所、生年月日のいずれか1つでも記載が欠けると無効(昭和28年6月22日 福島地裁判決より) ・署名に1文字でも誤字があれば無効になる場合がある(平成22年 名古屋市議会リコールでは、家族で続けて記入した際の住所欄に「同じ」を意味する「〃」と記入した署名が無効と判断された事例あり)  例えば、必要な署名数49万人(横浜市でリコールに必要な署名数)に対して、受任者が1万人の状態で署名収集を開始した場合、受任者1人あたり49人の署名を集めなければならない。しかも、「2ヶ月以内」、「同じ区の居住者のみ」、「対面」、「誤字脱字は1字でもNG」等の厳しい制約が加わる。  想像してみてほしい。  あなたには、実際に会って個人情報も書く署名に同意してくれる近隣の知り合いが49人も思い浮かぶだろうか? おそらく難しいと感じる方が大半だろう。つまり、必要な署名数を集めるには十分な数の受任者を18区それぞれに確保できたタイミングで署名収集を開始することが重要になる。ちなみに昨年12月26日時点の東京新聞報道によると受任者数は、住民投票条例の制定は1万人以上、市長の解職請求(リコール)は1万人超とされている。 ニュース 特設ページ 新型コロナ 熱中症対策どうする? マスクが欠かせない「新しい生活様式」、変化する暮らしのヒントをご紹介します。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

市民の理解を得るために作成した広報動画では、なぜ日本にIRが導入されることになったのか、横浜市がIRを誘致する理由、依存症・治安などへの対策を説明するほか、海外のIR施設も紹介している。 4月1日からウェブサイトで公開するとともに、市庁舎1階の「市民情報センター」でDVDの貸出を行っている。横浜市は「未来の横浜を考える上でも、ぜひ、ご覧になってください。」としている。 第1章 オープニング(約1分) 第2章 日本型IR(約4分) 第3章 横浜市がIRを誘致する理由(約6分) 第4章 海外のIR施設(約 2。 第1章 オープニング(約1分)。

横浜市:第21回 横浜経済人会議 政治、行政、経済が集結。経済界がIR誘致を提言

HOOPS MEN SOUL in Jam Films 4. lost butterfly 6    .

86·87·88·89·90

ディスカッション