イギリスのライセンス規則 期待

オンライン対決企画イギリスのカジノ 855483

オンラインカジノの法律面での議論は、本当に沢山の場所・ニュースで扱われているので多くの知識を持っている方もいるとは思いますが、日本には「オンラインカジノに適用する確固たる法律」がありませんので、日々最新情報が変わっています。 これまでの情報や事件を含め、現在のオンラインカジノの立ち位置が理解できる様に解説します。

【総額56000ドル】6週目開幕!毎週2000ドルと608個の賞金が用意された3ヶ月に渡るスポーツスロット抽選会。

海外旅行でラスベガスやマカオ等のランドカジノの興奮した雰囲気を経験した事がありませんでしょうか。オンラインカジノとはインターネット経由でご自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンからプレイできるカジノです。 もちろん本当のお金を賭ける事ができます。インターネット技術の進化でコンピュータ対戦だけではなく、美女ディーラー登場のライブカジノもほとんどのカジノで導入されました。 カジノの運営にはラスベガス等のカジノでもオンラインカジノでも政府の認可が必要です。カジノのライセンスはマルタ共和国やキュラソー政府、オーストラリア、イギリス、フィリピン等より認可されていて、許認可に基づき企業運営されています。 日本においてオンラインカジノに関する事例について、明文で規定した法律はなく、判例もまだでていません。現状個人でプレイする場合は特に問題はありません。 オンラインカジノはカジノソフトを制作しているソフトウェアプロバイダー(プレイテックやマイクロゲーミング、その他)よりシステムをライセンスして使用します。 個々のオンラインカジノは入出金やサポート、プロモーションなどが仕事でソフトウェアはソフトウェアプロバイダーのサーバーで公正に運営されています。 左はジャックポットシティカジノのペイアウトです。現在は公的機関のレポートをほとんどのオンラインカジノで公表しています。 カジノ名は違っても同じ会社のソフトを使っていればペイアウトも横並びです。オンラインカジノの払戻し率は%です。 イギリス系のオンラインカジノに多いダウンロード不要のブラウザゲームカジノは、中心となるソフトウェアプロバイダーに中小のソフト会社がソフトを提供して運営されています。 インターカジノ、ベラジョンカジノ、ネットベットカジノがこのスタイルで、例えば 左画像のベラジョンカジノを運営するPLAIN GAMING社は大手ネットエント社の傘下で他に10社のソフトウェア会社が参画しています。

311·312·313·314·315

ディスカッション