プレイヤー

は確率論シンガポールのカジノ プレイヤー

は確率論シンガポールのカジノ 72388

反社会的勢力の介入に対する方策としては厳格なライセンス制をとることである。シンガポールでは現在のところライセンスの数が2つに限定されており、MBSは米国最大手のカジノ運営会社ラスベガス・サンズがライセンスを取得し、RWSは東南アジア最大手のマレーシアの総合エンターテインメントグループのゲンティン・シンガポールがライセンスを取得している。 また、カジノ運営者に対してはカジノ規制庁による強い監督体制が設けられている。たとえば、カジノ運営者はカジノ運営に影響を及ぼしうる経済的利益を有する者(株主など)や取締役その他経営陣の変更などの「重要な変更」がある場合、カジノ規制庁から事前に承認を得なければならない。そして、カジノ規制庁が不適任と判断すればその者にカジノ運営者との関係を終了させるよう求めることができ、関係を終了しない場合はカジノ規制庁はカジノ運営者に対し、関係を終了させるよう命令できる。 さらに、カジノ運営に関係する50万シンガポールドル以上の物品供給やサービス提供は「管理契約」(Controlled Contract)としてカジノ規制庁に事前の通知が必要であり、カジノ運営者はカジノ規制庁により承認された者からのみゲーム機器の取引をすることが許容されている。マネーロンダリングについてもカジノ管理法は対策をとっている。現金は匿名性があるためにマネーロンダリングに弱い。そこで、マネーロンダリング対策として、1万ドル以上の現金取引(チップと交換するための現金の支払いなどのキャッシュイン、チップを現金化する場合などのキャッシュアウト)について、カジノ運営者にはカジノ規制庁に対する報告義務が課されている。 2。

1·2·3·4·5·6·7