【2020年版】日本のカジノ: IR)最新情報まとめ!有力候補地とIR法案を徹底調査 プレイヤー

リゾート参入方針ユニークカジノ 822692

substr 19 : vm。

24年内の開業を絶対目標視、大阪府・市は歓迎 万博との相乗効果もくろむ

日本がIRの誘致を決定したことを受け、ラスベガス・サンズ LVS もまた、他のオペレーターと同様にライセンス獲得に向け精力的に動いている。横浜が一歩遅れた形で誘致参加を表明するやいなや、LVSはそれまでの焦点であった大阪から一転、横浜 及び、未だ曖昧な東京 に焦点を当てる方針にシフトした。首都圏である関東地方は大阪を中心とする関西地方に比べ、2倍近い人口を有し、経済規模もそれに伴うことを考えると、より大きなマーケットに参入するチャンスに賭けたということである。 上村慎太郎 東京出身 は、プロ麻雀棋士、麻雀講師、ライターとして長年活躍しています。国内のパチンコ、スロットや海外カジノ等、様々なギャンブルのエキスパートとして世界を股にかけ活動しています。

もう一つの柱 MICE振興

MBSが4月に10年を迎える中、LVSの国際開発ディレクターとして日本IR参入の取り組みの陣頭指揮も取るタナシェビッチ氏が、IAGの総編集長であるムハンマド・コーエンとのインタビューの中で過去と未来について語る。 インタビューは新型コロナウィルスの流行が地域観光に影響を与える前に行われた。

横浜では根強い反対 「世界最高水準の規制」に不安の声消えず

神奈川県は繁華街がある横浜が候補地になっています。横浜市は広いですが、カジノの誘致に向けて動いているのは、 「山下ふ頭」 です。山下ふ頭は横浜中華街や赤レンガ倉庫の近辺といえばイメージしやすいでしょう。 実は内部では対立が起こっているので、一筋縄では行っていない状況なのです。 山下ふ頭は横浜のシンボル で、観光客に親しまれている存在であるため、IR誘致によって再開発の効果を高めようという動きが強いです。 しかし、地元民や横浜の有力者である 横浜港運協会会長は断固として反対 しています。実際に地元企業団や地元民からの反発は根強く残っていて、「カジノなしの再開発」を臨んでいます。 横浜と同じようにIR誘致の有力候補地なのが 大阪府 です。実際に大阪はカジノ法案が取り上げられるようになった当初から、IRの開業候補地として名乗りを挙げていた自治体です。 大阪府はIR誘致と万博をセットで考えてきており 、年の万博開催地 として選出されています。 大阪でのIR誘致は順調に進むと思われていましたが、横浜が誘致を表明したことにより、多くの事業者が横浜に転向し、 MGMリゾーツ・オリックス合同チームのみ となっております。 現状では夢洲への交通手段は自動車だけ に限られています。

237·238·239·240·241

ディスカッション