【19-20】山東農業大生の周鶴さん優勝 全中国選抜日本語スピーチコンテスト プレイヤー

確率論入カジノリゾート参入方針 390612

ラスベガス ロサンゼルスの旅。

ラスベガス 夕暮れのべラージオ周辺

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

【news23】「カジノ管理委」立ち上げ、IR誘致合戦に“異変”も・・・

新着記事一覧 | ラスベガス ロサンゼルスの旅 - 楽天ブログ

モノ作りの基本となる「マザーマシン」をグローバルに提供 加工の効率化・省力化実現が中長期の成長を導く 【基礎知識】 工作機械とは、自動車、航空機、精密機器などを作るために使用される機械のこと。「機械を作る機械」であることから、「マザーマシン」とも呼ばれる。市場はグローバルで、オーダーメイドによる受注生産が主流であり、成長は世界経済の動向と比例する傾向にある。日本は世界有数の工作機械大国で、世界を代表する大手メーカーのほか、数多くの中堅・中小メーカーがある。規模が小さい企業の中にも高度な専門性と技術を保有し、グローバルで高い存在感を示す企業も少なくない。 【展望】 米中貿易戦争の影響で中国市場の勢いは薄れるものの、日本、北米、欧州のニーズは依然として高く、中長期で見ると、市場は高水準で推移すると予測されている。その要因にあげられているのは、自動車や精密機器などの製品に対する環境性や安全性の追求が加速し、より高度な加工精度や品質が求められていること。加えて、製品メーカー各社が人手不足に直面していることから、複数の工作機械で行っていた加工を1台で可能にする複合化、加工作業の効率化・省力化をロボットで実現する自動化、さらにはIoTやAI、5G対応といったニーズが高まっており、こうした需要に応えることが、各社の成長ポイントになっている。 成長の鍵を握るのは、グローバルニーズへの対応 明確な差別化要因が、ビジネスをますます優位に 【基礎知識】 鉄鋼は、鉄を加工して作った鋼板などを、自動車や建設などに提供する業界。モノ作りの基盤になる素材を提供しているため、業界規模は大きい。企業は、原料の鉄鉱石から一貫生産する「高炉メーカー」、くず鉄などを溶かして生産する「電炉メーカー」、高度な鉄合金を生産する「特殊鋼メーカー」に分類される。非鉄金属は、鉄以外の銅やアルミ、合金などの金属を扱っている業界。大手は資源開発から製錬、加工までトータルに行っている。供給先は、自動車、建設、電子部品、電線など、幅広い。セラミックスは、無機物を加熱処理し、誘電性、放熱性、絶縁性、耐食性などを達成した高機能材料を提供している業界だ。 【展望】 今、鉄鋼ニーズが伸びているのは新興国だ。高まる自動車や電子機器の購入意欲、旺盛な建築ニーズやインフラ整備などが注目されており、世界中の鉄鋼メーカーが激しい競争を繰り広げている。その中で高い競争力を発揮しているのが、日本メーカーの高付加価値製品であることから、的確な戦略でニーズを獲得することが、今後の成長要因になると見られている。非鉄金属も海外需要が自動車や住宅を中心に伸びており、グローバル戦略の重要度が一段と増している。セラミックスは、電子部品、燃料電池、医療、住設建材といった分野の需要が国内外で高まっている。セメントの需要は、国内外とも公共事業とマンション建設が中核であり、海外ではアジア・オセアニア諸国を中心に根強い引き合いが続いている。紙・パルプはペーパーレス化の影響があるものの、紙おむつなどの機能性紙や通販向けの段ボールが国内外でニーズを伸ばしていることから、各社が自社の強みを活かせる領域に事業を集約していくことが予測されている。 知名度が高く、身近で親しみのある企業が中心 将来を見据えて、各社とも海外戦略を積極的に展開 【基礎知識】 化粧品は口紅などのメイク用品をはじめ、スキンケア、ヘアケア、フレグランスなど、分野は多彩。業態も総合メーカーから専業メーカーまで、さまざまだ。近年目を引くのは、食品や医薬品といった異業種からの参入。既存事業で開発した素材や技術を、化粧品に応用する取り組みが相次いでいる。生活用品は、シャンプー、紙おむつ、芳香剤などを手掛ける業界。トイレタリーとも呼ばれるこの業界の特徴は、生活必需品であることから常に一定量の需要があることだ。ともに一般消費者がメインターゲットであることから、知名度の高い企業が多い。 【展望】 一時期に比べれば落ち着いてきたものの、2業界の国内需要は、まだまだ「爆買い」と呼ばれるインバウンド(訪日外国人旅行客)消費に支えられている。また、化粧品では価値観の多様化を反映した特定ニーズに対応した商品や、男性向け商品の市場が拡大傾向にある。一方、将来に向けての課題になっているのは、人口減少への対応。生活用品も一定需要はあるものの、国内市場は、ほぼ飽和状態にある。こうした課題を見据えて2業界とも対応を進めているのが、ECサイトを通じた外国販売や海外子会社の設立といった、海外市場の開拓だ。主な市場は、購買力が高まりつつある新興国。化粧品は、購買力のある富裕層へのアプローチも行っている。 中期的には拡大傾向にある国内市場 将来的な成長は積極的な海外進出が担う 【基礎知識】 飲料業界に属するのは、清涼飲料水や酒類を製造して販売する企業。食品業界は、小麦粉や調味料などの食品原料をはじめ、冷凍食品・菓子・乳製品といった加工食品などを製造・販売する企業で構成されている。この業界は日々の生活と密着していることから、基本的に市場全体は安定しており、変化もなだらかなのが特徴だ。 【展望】 中期的な市場は、拡大傾向にある。飲料を牽引しているのは、高付加価値品だ。消費者のニーズをとらえた機能性食品やエナジードリンク、製法や味にこだわったプレミアムビールなどがヒット。食品では、高齢化が進んだことで健康食品や介護食が注目されているほか、女性の社会進出によって惣菜品や冷凍食品、増加する単身世帯に需要がある小サイズの加工食品など、社会動向に合致した商品市場が伸びている。しかしながら、長期的には人口減少の影響で、どちらの市場も縮小が予想されている。そこで、大手メーカーを中心に目を向けているのが、海外だ。特に、人口増加・経済発展の著しいインドやASEANへの進出が加速している。 貸金業務に特化したノンバンクと呼ばれる金融機関 キャッシュレス決済も追い風になり、市場は拡大中 【基礎知識】 銀行・証券・保険以外にも、信販・クレジットカード、リース、消費者金融など、ノンバンクと呼ばれる金融機関がある。預金業務はなく、貸金業務だけを実施。再編が活発で、メガバンク傘下の企業が多い。信販・クレジットカードは、消費者が商品やサービスを購入する際の代金を立て替え、その手数料などから利益を得ている。リースは、主に企業が設備を調達するときに、購入を代行して長期にわたって貸し出す事業者。利用者にとっては「多額の資金を準備せずに設備投資できる」「メンテナンスや廃棄を任せられる」といったメリットがあり、利用率は上昇している。消費者金融は、個人の生活資金や自営業者の事業資金など、小口融資を無担保で行う企業だ。銀行より金利は高いが、手軽で利用しやすいことが特徴。海外からは、ATM対応などの機械化推進が貸金業の近代的ビジネスモデルとして評価された。 【展望】 信販・クレジットカードは、スーパーやコンビニなどでの少額利用やネット通販の隆盛、さらには政府が主導するキャッシュレス決済の存在感が高まったことで、ビジネスチャンスは広がっている。しかしながら、同業他社との競争は激化しており、セキュリティや電子決済サービス会社をはじめとする他業界との連携も積極的に進め、「使ってもらえるサービス」になるための価値創造に注力している。リースは、民間設備投資の国内利用率が欧米に比べて低いことから、国内成長の余地があると考えられている。キャッシュレス決済の振興によるレジ端末の需要増も見込まれている。また、海外でも環境整備が進む新興国をはじめ、太陽光発電や航空機のリース需要が拡大していることから、各種ニーズに対応する体制作りが進んでいる。消費者金融は、業界再編が一段落。利便性はそのままに、健全性を高めて利用者を拡大する新たなビジネスモデルの構築が進んでいる。

朝日新聞デジタル:朝日新聞社のニュースサイト

Posts Showing posts from 。 December 27, 。

155·156·157·158·159

ディスカッション