『グラブル ヴァーサス』格ゲー初心者からプロゲーマーまで一緒になってお祭り騒ぎ!賞金総額500万円のオンライン大会も開催決定【2020年前半振り返り】 プレイヤー

賞金総額万円龍か虎かスロット 474114

net公式サイト上にて お知らせいたしますので、みなさま、ぜひぜひ参加してください!

1000000 ドル

今週末の日曜日、2月23日は日本中央競馬会(JRA)の東京競馬場で 第37回フェブラリーステークス が行われる。このレースは過去にコパノリッキー、トランセンド、エスポワールシチー、カネヒキリなど歴史に残る名ダート馬が勝利したレースで、JRAでもっとも歴史と価値のあるダートのG1レースだ。 今年の出走予定馬は、昨年の覇者・インティ、前哨戦の根岸ステークスを勝利した安田記念馬でもあるモズアスコット、年の優勝馬・ノンコノユメ、昨年の南部杯優勝馬・サンライズノヴァと同2着のアルクトス、さらにJBCクラシック馬・ケイティブレイブ、東海ステークス2着のヴェンジェンス、デルマルーヴル、ワンダーリーデルなど豪華な面々。さらに、 インティには武豊、モズアスコットにはクリストフ・ルメール が騎乗し、3頭の地方馬にはそれぞれ地方競馬所属騎手が騎乗するのだから、かなりの盛り上がりを見せそうだ。 ならば競馬ファンとしては、せめてこのフェブラリーステークスの馬券を的中させたいところ。また競馬ファンでなくても、年々盛り上がり続ける競馬に参加しない手はない。今年最初のG1レースであるこのフェブラリーステークスは、配当妙味も高く競馬デビューにピッタリだ。そこで元JRAの騎手、そして元JRA調教師という、競馬の裏も表も知り尽くす、最強の元競馬関係者たちが所属する某サイトに、 フェブラリーステークスの最新情報 を聞くことにした。

記事提供社から(外部リンク)

Written by Admin and from Overblog。

146·147·148·149·150

ディスカッション