【ラスベガス】カジノで大勝ち!税金はどうなる? 地味な

勝った後の税カジノホテル 878373

参考までに、「ラスベガスには税金がない」という噂の根拠は、ラスベガスが属するネバダ州に所得税や法人税がないからだ (固定資産税はある)。が、これにも誤解があるので補足説明が必要だろう。  他州の住民や法人に比べ、ネバダ州の個人や法人が法人税や所得税を納めていないのかというとそんなことはない。なぜなら、州税がないだけで、国税はあるからだ。  もともと、どこの州に住んでいようと、所得税も法人税もその大部分は国税であり、各州独自の所得税や法人税の税率は国税に比べてかなり低い。  したがって、ネバダ州の個人や法人が受けている州税の免税による恩恵は、それほど大きくない。 (累進税のため総所得によって異なるが、一般的な給与所得者の州税無税の恩恵は、総所得のほんの数パーセント。とはいっても高額所得者にとっての恩恵はかなり大きな額になる)。

日本の居住者としての納税義務

法と経済のジャーナルトップ   >   事件記者の目   >   事件記者の目。 参院本会議で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の採決に抗議する(右から)自由党の森裕子氏と同党の山本太郎氏、糸数慶子氏=2018年7月20日午後9時25分、岩下毅撮影  筆者は、「カジノのメッカ」といわれたころのラスベガスのカジノを1990年秋と翌91年5月の2回、取材している。、東京の英語学校の経営者が学校のカネを横領してラスベガスのカジノにつぎ込んだ、という横領の疑いで91年5月9日に東京地検特捜部に逮捕された事件に関連した取材のためだった。 参院内閣委で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案の採決があり、野党の議員が委員長席に詰め寄った=2018年7月19日午後4時41分、岩下毅撮影  IR実施法成立を機に、27年前にカジノホテルの取材に協力してもらった元ハイローラーの不動産会社社長に、日本にカジノを導入することの是非を含め、カジノとハイローラーの実態について話を聞いた。 カジノを含む統合型リゾート実施法案を審議する参院内閣委で答弁する安倍晋三首相(左)。右は石井啓一国交相=2018年7月17日午前10時15分、飯塚晋一撮影  政権与党と日本維新の会は「外人観光客が増える、カジノに落ちた金で観光、地域振興、雇用が生まれ、経済がよくなる。少子高齢化対策にもなる」と風呂敷を広げるが、A氏は「カジノの成功のカギを握るのは、高額のカネを賭ける「ハイローラー」が集まるかどうか、だ」という。 一方で、中国では外貨管理規制強化で海外へカネの持ち出しは厳しく制限されているという。それでも、中国人ハイローラーがマカオに集まるのはなぜか この記事の続きをお読みいただくためには、法と経済のジャーナルのご購読手続きが必要です。

勝利時の税金に関する質問

3 skormama 875.

140·141·142·143·144

ディスカッション