ラスベガスのカジノ全般の基礎知識 突然

巨大なジャックポにヨーロッパ最大のカジノ 52592

その名の通りイタリアのベネチア ベニス をテーマに設計されています。施設内にはコンサートやバスケットボールやボクシング等のスポーツ試合が開催される15,人を収容できるコタイ・アリーナや、店舗以上のショッピングモール、50以上のレストランやバーがあり、まるでそれ自体がひとつの街のよう。

1. ザ・ベネチアン・マカオ The Venetian Macao : 中国、マカオ

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。

ラスベガス大全とは?

ラスベガスのカジノは、21歳から利用できます。 カジノのドレスコードはありませんが、ハイローラー(賭け金が高額な上客)が多いホテルでは、おしゃれな服装を心がけたほうが良いでしょう。カジノは入場無料で、24時間営業です。 多くのカジノでは無料のカジノ教室が開催されているので、参加してみるのも良いかもしれません。 有料ですが、日本語のカジノレッスンツアーも開催されています。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

RPG型 オンラインカジノ【カジ旅】。 このランキングで最も悲劇的な運命を辿った勝者。 37歳のシンシア・ジェイ・ブレナン(Cynthia Jay-Brennan)は、ジャックポットに当選してからわずか6週間後に、飲酒運転車との事故により姉を亡くし、自身も両手両足に麻痺が残ってしまいました。この悲劇に襲われる前、彼女は素晴らしい結婚式を挙げ、何不自由のない人生が約束されたと思っていたのに…今、彼女はこう言います。もし五体満足な以前の生活に戻ることができるのなら、すべてのお金を返還してもいいと。強運を持つ彼女、彼女がいつか、再び歩くことができるように願うのみです…。 ここで得る教訓は、大きな賞金を獲得することは可能だということです。けれども、おそらく第2位の女性、シンシア・ジェイ・ブレナン(Cynthia Jay-Brennan)が私たちに思慮を最も与えてくれます。彼女は大金持ちかもしれませんが、健康のためならすべてを諦めるでしょう。人生にはお金よりも重要なものがあります。あなたの幸運と最善の健康を願って、グッドラック! ところで皆さんは、7位の ジョナサン・ヘイウッド(Jonathan Heywood) が、超高額賞金を手に入れた、無店舗型の オンラインカジノ はご存知ですか?

超神【事故】12万のフリスピ買ったら至福のジャックポット【MACHINA $9740 WIN BUY $1213 SUPIN】【オンラインカジノ】【188BET】

134·135·136·137·138

ディスカッション