カジノの「レッド ドッグ」はどんなゲーム?歴史やルールを紹介 突然

ゲームルールレッドカジノ 43634

レッドドッグは 最初に2枚カードが配られる 。この 2枚のカードのパターンによって3つに分類 できる。2~Aの順で2枚のカードに間がある場合を スプレッド という。例えば4と9が配られたとすると、4と9の間に5,6,7,8が入ることになる。この組み合わせをスプレッドという。

■レッドドッグの歴史

レッドドッグは1デック(52枚)のカードを使うテーブルゲームです。 ベラジョンカジノでは毎回カードがシャッフルされます。 なんで「レッドドッグ」という名前なのかわかりませんけどね(笑)。 カードが3枚配られるので、配当表をチェックしておきましょう。6のところにレッドドッグチップが置かれています。 このまま勝負「CALL」するかコインを倍賭けして「RAISE」するかを選択します。 2枚目のカードが間に入ってると思えば「RAISE」、間に入ってないなと思えば「CALL」します。 ベラジョンカジノのRedDogは ジョーカーを除く52枚の1組(1デック) のカードで行われます。ランドカジノでは6デックを使用することが多いようです。 そのため スプレッドの確率やスリーカードの出る確率なども求めることができますし、どのタイミングでRAISE(倍賭け)するか といった戦略を考えることも出来ます。 スプレッド7を見てみましょう。 勝率は3。

レッドドッグのルール紹介

エンターテインメント・遊ぶ カジノ。 レッドドッグはトランプを使用したゲームのことです。プレイヤー 自分 とディーラー 親 の1対1の勝負で、ルールはとてもシンプル。テーブル上に配られた2枚のカードに、3枚目を引きます。最初に配られた2枚の間の数字であれば、勝ちになるというもの。特にテクニックなどもなく運次第なので、初心者から楽しめます。オンラインカジノでは一般的なレッドドッグですが、実際に店舗を構えるランドカジノではマイナーなゲームと言われています。 レッドドッグで使用するのは、ジョーカーを除く52枚のトランプです。プレイヤー 自分 とディーラー 親 の1対1の勝負で、テーブル上に表向きに配られた2枚のカードの数字の間に、3枚目に引いたカードの数字があれば勝ちというシンプルなものです。カードの数字は、2~K 13 はそのままで、Aだけ14と数えます。 レッドドッグのテーブル上には2つのベッティングエリアがあります。賭けを意味するBET ベット またはゲームの参加料を意味するANTE アンティ と呼ばれるエリアとRAISE レイズ と呼ばれるエリアがあります。まずは空いているテーブルに座り、BETに賭け金を置きましょう。するとゲームがスタートします。

82·83·84·85·86

ディスカッション