ウィリアムヒル社のロンドンオフィス訪問!直接聞いた老舗の魅力 突然

スティックペイアスパーズカジノ 963154

カジノと聞くとまずラスベガス、 マカオ が世界的に有名ですが、ヨーロッパだとモナコをまず初めに思い浮かぶのではないでしょうか。

イギリス・ロンドンのカジノの特徴

毎年開催されているカンファレンスの出席にあたって、 ウィリアムヒル社のロンドンオフィスに訪問してきました 。そこで感じたこと、担当者から直接うかがったこと、今後の展望などをご紹介します。 このほかにも、社内の中央にはプロジェクタを投影できる大きな白い壁があり、チェルトナム・フェスティバルやグランドナショナルなど現地の競馬の重賞レースを流したり、ワールドカップの開催時は試合を放送しながら仕事をするそうです。スタッフは世界中の国から集まっているので、「どの試合を放送するんだ!」と揉めることも 笑。 まず気になったのは、 ベット規制 (賭け金上限を極端に下げられたり、最悪はアカウントの閉鎖をされる措置)の対象になるのはどのようなプレーか。一般的には「勝ちすぎると制限される」ようなブックメーカーもあるのですが、 ウィリアムヒルでは普通にスポーツベッティングをしていて儲かったからといって、規制はしないとのこと。そしてもちろん勝ち続けるプレイヤーもいるようです。 プレイヤーの賭けはすべてリスク管理部門がモニタリングしているため、「収支がプラス」ということはもちろん把握しているようですが、不正をしている確たる証拠がないかぎり何も措置はないとのこと。

285·286·287·288·289

ディスカッション